0
¥0

現在カート内に商品はございません。

神道五十鈴音①天照大神(一)

¥1,980 税込
関連カテゴリ
数量
カートに追加しました。
お買い物を続ける カートへ進む

ダウンロード音声(mp3)

【品名】五十鈴音① 天照大神(一)

【ファイル】mp3  (PC・スマホでお聴きになれます)

【長さ】51分33秒

【話者】昌原容成(あけはら・ようせい)

【内容】天照大神について、日本人として心得て戴きたいことを語りました。

・天照大神は、いわば天皇家の祖神。

・元伊勢とは

・元伊勢・檜原神社は、天照大神の光を幽界に指し籠もらせる神座。

・人間理性成人祭、理性の光は、太陽神界の光。

・これからの人間は、月の光に頼るのではなく、日の光(理性の光)によって自分の道を照らす。

・伊勢の国は、月の世界。だから日の世界を映せる。

・男神(ヒルゴ)と女神(ヒルメ)を合わせて天照大神。

・三種の神器・八咫鏡(やたのかがみ)は、月の鏡だから、日が映る。

・ヒルゴの鏡は日の鏡だから、月が映る。

・天孫降臨とは、太陽神界の神気が地球の真中心にさし籠もること。

・スメラミカドとスメラミコトの違い

 地球の真中心にさし籠もった太陽神界の神気を、地上にお迎えする門が、スメラミカドであり、スメラミカドをお祭りなさるお方が、スメラミコト。

・日本列島とやまと民族の第一の使命は、スメラミカドとスメラミコトを保持し奉ること。

・なぜ日本では、キリスト教信者が少ないのか?

 日本列島の大地がキリスト教となじまないから。

・なぜ仏教は、日本に根を下ろせたのか?

 天皇のご命令で日本国に広められ、鎮護国家、玉体の安穏をお祈りするから。

 つまり、仏教は日本列島大地の使命と織り合わさっているから、この国に根を下ろすことができた。


まだまだ語り尽くせません。

五十鈴音②、③も合わせてお聴き下さいませ。

カテゴリ一覧

ページトップへ

神道五十鈴音①天照大神(一)

¥1,980 (税込)

数量